So-net無料ブログ作成

D100とX-T30とで撮り較べ [D100]

D100は2002年6月に発売された600万画素のNikonのデジ一眼レフカメラ。
X-T30は2019年3月に発売された2600万画素のFUJIFILMのミラーレスカメラ。

D100は初めて買ったデジ一眼ということで、まだ使える状態で保有しています。
ということで、両カメラをほぼ同じ条件で撮り較べしてみました。

D100には16-85mmF3.5-5.6、X-T30には18-55mmF2.8-4のレンズを装着し、ISO200、焦点距離50mm、WBオート。 D100は露出アンダーの傾向があるので、露出補正無、X-T30は露出補正-0.3EVで同じ被写体を撮影してみました。

まずは撮影したままの画像です。

D100はJPEGとRAWの同時記録ができないのでRAWで撮影し、Silypixで全く補正を加えない状態で現像した画像です。
DSC_4750orgs.jpg

X-T30 JPEG画像
DSCF2353s.jpg

D100は暖色系、X-T30は寒色系の色合いで撮れ、D100では雲の部分で白飛びが発生しています。

D100のRAW現像画像
DSC_4750sp2s.jpg

X-T30のRAW現像写真
DSCF2353sp2s.jpg

RAW現像では、WB補正、階調補正に加えて、D100の画像ではダイナックレンジを拡大し、雲の部分の白飛びを救済しています。

D100とX-T30とは画素数の差は大きいのですが、RAW現像画像ではモニター上の全画面で見る限りは画質的には、差が感じられませんでした。
但し撮影のしやすさやレスポンスに関しては世代の差が歴然でした。

今まで撮影した?万点の写真は、NGを除いてほぼすべてオリジナルのJPEGとRAWを保存しており、気が向くと古い写真のRAW現像を試みています。

RAW現像ソフトの機能性能が向上しており、PCモニターも代替わりし、定期的にきちんとキャリブレートして正しい色調で確認できるようにしているので、古い画像でも、再現像により画質的にリファインできる例が少なくありません。


nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

花景色富良野美瑛界隈 [D100]

2003年の北海道の写真もこれで中締めにしたいと思います。

DSC_9763m.jpg


DSC_9781m.jpg


DSC_9783m.jpg


DSC_9795cm.jpg


DSC_9817spm.jpg
D100

この時に撮影した写真の数は、かなりの数になっていましたが、当時のカメラの性能や私の撮影技能のためかNGの率がかなり高い状況でした。
最近の撮影では、NG写真の率は大幅に低下していますが、良い写真の率はそれほど向上していないようです。

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

利尻島 [D100]

北海道の写真が続いてしまいました。

礼文島の写真の後は、利尻島を外すわけにはいきません。

pic1.jpg













島一周をドライブしている際に出会った方の紹介で、ルー君と同じ黒ラボ君に対面することが出来ました。
右がルー君です。

D100

利尻島の最大の見どころは利尻富士で、途中まででも登りたかったのですが諦めました。


nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

礼文島 [D100]

2003年の夏に訪れた礼文島です。
こと時は愛犬ルー君を車に乗せてフェリーで行き、キャンプするつもりだったのですが、2か所しかないキャンプ場のどちらもペット同宿は出来ないとのことで、公営駐車場の片隅で車中泊する羽目になりました。
礼文島そのものは素晴らし場所だったのですが、後味の悪い思い出が残っています。

次に訪れた利尻島のキャンプ場ではペット大歓迎でした。

DSC_9336m.jpg


DSC_9342m.jpg


DSC_9376m.jpg


DSC_9411m.jpg


DSC_9417m.jpg


DSC_9427m.jpg
D100


nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

稚内界隈 [D100]

2003年7月にD100で撮影した画像です。
RAW現像し直しています。

DSC_9087m.jpg


DSC_9094m.jpg


DSC_9119m.jpg


DSC_9134m.jpg


DSC_9140m.jpg


DSC_9149m.jpg

北海道は空気感が違います。
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

あおい [D100]

この葵の花の写真2点は、2002年6月22日に私にとって初めてのデジ一眼であるNikon D100を買った日に、試し写ししたままの画像です。

D100の24-85mmレンズセットの定価は30万円だったはずで、当時、かなり思い切って買ったものですが、この日に写した画像は、どれも濁った色合いで切れの無い冴えないものばかりで、がっくりしたものです。

DSC_0018m.jpg


DSC_0017m.jpg

次の画像はRX100で撮影したままの画像です。
DSC03560m.jpg

RX100の画像は当然ながらD100の撮りっぱなしの画像よりはるかにきれいです。

D100もその後はRAWで撮影したり、カスタムカーブで階調特性をカスタマイズすること等で、見られる画像が得られるようになりましたが、あおいの花を撮影する度に、D100で初めて撮影した写真を見て落ち込んでしまったことを思い出してしまいます。


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

D100で撮影散歩 [D100]

久しぶりにD100を引っ張り出して撮影散歩してきました。

レンズはVR24-120mmF4.0ですべてRAWで撮影。
WBは晴天に固定、ISO200

DSC_4714-t.jpg


DSC_4715-t.jpg


DSC_4719-t.jpg


DSC_4721-t.jpg


DSC_4724-t.jpg


DSC_4727-t.jpg
SilkypixでRAW現像しています。

久しぶりに使った感想は、
 シャッター音が貧弱
 背面のモニターが小さくて強烈にマゼンタ被りしている
 露出はかなりアンダー
 ローパスフィルターの効きが大きいためか、等倍で見てもD800のほうが解像感がある

12年前のカメラで、最新のカメラと比べると貧相さを感じてしまいますが、RAWで撮っている限り、RAW現像の際に適切に補正を加えればまだまだ使える画像が得られます。


nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

D100初撮り写真 [D100]

D100は私にとって初めてのデジ一眼で、かなり癖があり、最新のデジ一眼と比べると、使いこなしが難しいカメラでした。

D100の購入は発売日の2002年6月22日で、その日に撮った写真です。

広げている新聞の日付は2002年6月19日です。
DSC_0006D-t.jpg


DSC_0028m-t.jpg

写真のファイル名から一番目は6ショット目、2番目は22ショット目です。
どちらもJPEG画像をフォトショップで補正しています。


D100を買った当初はJPEGのみの撮影で、RAWを撮り始めたのは一か月後ぐらいからです。

最初に買ったCFメモリーはたったの64MBで、次に買い足したのが192MBでした。
64MBだとJPEGでも30~40ショット程度ですぐにメモリーがいっぱいになってしまいます。
そのため、撮影した画像も良いものだけを残して消しながら撮影したことを覚えています。

D100はまだ手元にあるのですが、しばらく使っていないので、保守を兼ねて、久しぶりに使ってみようかと思っています。


nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

最果ての稚内 [D100]

北海道の続きで、2003年8月にD100で撮った稚内です。

北海道もここまで来ると、空気感が違います。

pic1.jpg









nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

D100スナップ [D100]

D100は素直には良い写真が撮れないところが面白いです。
じゃじゃ馬的な性格があり、撮影していて暴れる時は暴れて、素直になると、びっくりするぐらい良い写真が撮れます。
今日の写真は素直に撮れて方でしょうか。
DSC_4599-t.jpg

続きを読む


タグ:D100
nice!(7)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート