So-net無料ブログ作成

乙女高原のレンゲツツジ

レンゲツツジは標高の高い高原に咲く花で、私が初めて見たのは二十歳代のころの登山の際でした。

霧ケ峰、甘利山、湯の丸高原、高ボッチ高原等がレンゲツツジが見られる場所として知れれていますが、乙女高原は穴場的な存在で、ほぼ毎年のように通っています。

今回は、ミラーレスカメラののGX7MK2(マイクロフォーサーズ)とX-T30(APS-C)を持参し、X-T30にはマウントアダプタを介してニコンの35mmF2.0を装着してのMF撮影を、GX7MK2には35-100mmレンズによる望遠撮影で臨みました。

35mmF2.0でのMF撮影では、ピントずれや絞り開放付近での撮影でボケ過ぎ等のNGショットもありましたが、花の写真には向いているとの感想でした。

DSCF1168s.jpg


P1040454s.jpg


P1040465s.jpg


P1040442s.jpg


DSCF1175s.jpg


DSCF1186s.jpg


DSCF1190s.jpg


P1040448s.jpg
撮影日 2019年6月19日

X-T30とGX7MK2とでは色調が違う写真に撮れてしまいましたが、RAW現像でX-T30の色調に合わせています。

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。