So-net無料ブログ作成

道路 [X-T100]

今回の写真はX-T100で撮影したままの、ごく平凡な道路の写真ですが、撮影時は日向と日陰との明暗差が大きく、他のカメラで撮影すると、コントラストが強い写真になるはずです。

X-T100は富士フィルムのミラーレスカメラの入門機で、ハイエンドのX-H1やX-T3等と比べると、レスポンスや諸性能は低く、クセの強いカメラですが、使い方次第では、上級機にそん色ない写真を撮ることが出来るじゃじゃ馬的なカメラです。

DSCF9016orgs.jpg


DSCF9017orgs.jpg


DSCF9019orgs.jpg

今回のカメラの設定は、感度:ISO200 WB:色温度5300K 露出補正:-0.3EV フィルムシミュレーション:スタンダードに加えて、ハイライトトーン:(-1)ミディアムソフト シャドウトーン:(-2)ソフト に設定し、ハイライトとシャドウの部分のコントラストを弱めた結果、柔らかな雰囲気の写真に撮ることが出来ました。

下の写真は、同じ写真のRAWデータで、ハイライトトーンとシャドウトーンを標準に戻して現像したもので、かなりコントラストの強い写真になっています。
DSCF9016s.jpg


DSCF9017s.jpg


DSCF9019s.jpg

他のカメラの場合は、RAW現像で、ダイナミックレンジを調整したりトーンカーブ等で、階調補正してやわらかなトーンの写真に仕上げていました。

nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。