So-net無料ブログ作成
検索選択
PIXUS PRO-100 ブログトップ

PIXUS PRO-100のカラー印刷について [PIXUS PRO-100]

A3ノビサイズの染料インクプリンターPIXUS PRO-100を使い出して三週間ほど経ち、大分様子が分かってきました。
 
顔料インクの場合は、一つの写真用紙で色合わせすれば、用紙の種類が違っても印刷色調の差はわずかでしたが、PRO-100では、用紙の差による彩度や色調の差がかなり大きく、用紙の選択が印刷品位に大きく影響を与えてしまいます。

今までPX-G5100用として使用していた写真用紙はELECOMのプラチナフォトペーパーとPICTORICOのプロフォトペーパーでした。

PICTORICOのプロフォトペーパーはPRO-100用のICCプロファイルが有り、これを当てるだけで、ほぼOKで、僅かに色調を調整するだけで、PX-G5100のベストにチューニングした状態と同等以上の品位で印刷出来るようになりました。

ELECOMの方は専用のプロファイルが無く、用紙とプロファイルとの組み合わせをいろいろ変えて試した結果、用紙はCanonの光沢ゴールド指定、プロファイルはCanonのプラチナ写真用紙用の組み合わせで、かなり近い線となり、その組み合わせでドライバーで色調を微調整することでほぼOKとなりました。

以前にも書きましたが、EPSONのプリンターではICCプロファイルを当てた後にドライバーによる色調等の微調整は出来ませんでしたが、PIXUSシリーズでは、プロファイルを当てた後も、ドライバーによる微調整が可能なため、ELECOM用のプロファイルは作らないで済んでいます。

PICTORICO用紙用のプロファイルの適合性が高かったことから、純正用紙である光沢ゴールドを入手して専用プロファイルを当てて試した結果、街中スナップや人物の写真では違和感なく印刷できたのですが、ネーチャー系の風景写真を印刷したところ、青空や草木の緑の色合いが貧弱であり、ドライバーの調整で若干は良くなりますが、高い彩度を要求するネーチャー系写真には使いたくない感じです。

PX-G5100の場合は、グレーチャートによる色合わせをすればほぼOKでしたが、PRO-100の場合は、グレーチャートに加えて、カラーチャートの印刷により、用紙毎に彩度や色ずれの評価も必要と判断しました。


   注) このチャートは新藤修一さんのサイトからDLして使用しました。

Canon純正用紙の光沢ゴールドに印刷したプリントをスキャンした画像
この画像以下は、ポインターを画像の上に移動するとオリジナルの画像データに切り替わります。 
       
 全体的に彩度が低く、青は彩度が低いだけでなくマゼンタへ傾いており、これでは空の色は表現できません。 また緑は黄緑方向に傾いています。

PICTORICOに印刷したプリント画像
彩度は光沢ゴールドより良好ですが、緑は僅かに黄緑方向傾いており、他の色もバランスが完ぺきとは言えません。  
    

PX-G5100でELECOM用紙に印刷したプリント
彩度はPICTORICOとほぼ同等ですが、カラーバランスは違う方向へずれています。 
    
 
ELECOMの用紙をPRO-100で印刷すると、光沢ゴールドに近い状態になりましたが、サンプルは省略します。

このカラーチャートを印刷すると僅かな色調の差でも派手に違って見えてしまいます。
PICTORICOの用紙の場合も、このカラーチャートを印刷した限りでは、オリジナル画像との色ずれが大きいと感じますが、実際にカラー写真を印刷すると、かなりきれいに印刷出来てしまうことから、実用上はOKと判断しました。

写真はPICTORICOの写真用紙に印刷したプリントをスキャンしたもので、ポインターを置くと、オリジナルの写真データに切り替わります。    

背景の緑の草原は、やや黄緑に傾いて印刷されていますが、写真の雰囲気は悪くないと思います。


PIXUS PRO-100を入手したことから、今まで使用していたEpsonのPX-G5100の処分を考えたのですが、インク詰まりはインク経路内の泡が原因となる場合があり、その場合はすべてのインクカートリッジを外してしばらく放置してから入れ直し、ヘッドクリーニングするとインク詰まりが治る場合もあるとの情報を得て試した結果、見事にインク詰まりが解消されてしまいました。
文書印刷では顔料インクのほうが水濡れに強いことから、しばらくはPX-G5100も使用することにしました。


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

PIXUS PRO-100の印刷サンプル [PIXUS PRO-100]

前回、グレーチャートがきちんと印刷できれば、きれいな色調で印刷できると紹介しましたが、その印刷サンプルです。

まずは印刷した写真の元データです。
D700での撮影
org_m.jpg

上の画像をCanonの純正写真用紙であるA4の光沢ゴールドに全面印刷したものを、D700の撮影画素数と同じ画素数になるように、解像度を設定してフラットベッドスキャナーでスキャンした画像です。
scan5_m.jpg

印刷した画像はPCモニターに映した画像と比較すると、目視した限りは、極めて近い色調ですが、印刷をスキャンした画像は、目視する際の環境光の相違による錯覚やスキャナーの誤差等の影響により、少々違った色調になってしまいました。
フォトショップやSilkypixを使用すれば、スキャンした画像を元画像と同一の色調への修正は可能ですが、スキャンしたままの画像です。


次は元画像の一部を等倍で切り取った画像です。
orgtrm.jpg

元画像とほぼ同じ画素数になるように印刷画像をスキャンした画像から同じ部分を等倍で切り取っています。
scan5trim.jpg

さすがに解像感は劣りますが、印刷した画像としては、かなりの解像度だと思います。
但し、ここまで拡大してしまうと、元画像との色調や階調の違いが目立ってしまいます。


nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

PIXUS PRO-100を使ってみて [PIXUS PRO-100]

CanonのA3ノビサイズのプリンター PIXUS PRO-100は、今まで使っていたEPSONのプリンターPX-G5100のインク詰まりがひどくなり、保守期間の終了になったことから、得ずやむを得ず買え替えたものです。 

ほぼ10日間、チューニングを兼ねて、各種の試し印刷した結果、PRO-100は期待以上に良いプリンターでした。

迷った末に、インク詰まりが起きにくいという理由で染料インクタイプにしましたが、染料インク特有の短所が有りるとしても、適切に設定した状態での印刷品位は見事です。

短所としては、印刷後、色が安定するまで時間がかかることで、印刷色調をチェックするには最低10分は待つ必要があり、安定するまでは半日ほどかかります。
また、印刷用紙の種類の違いによる色の変化が大きいことでしょうか。写真用光沢用紙に限定してもメーカや型番が違うとかなり違った色合いになってしまうため、用紙により設定を変える必要があります。

顔料インクのPX-G5100の場合は印刷直後から色が安定し、印刷用紙を変えても印刷の色合いの違いはわずかでした。
但し、インク交換をすると、印刷の色合いが変わる現象に悩まされてきましたが。

PRO-100の場合、指定のICCプロファイルが有る印刷用紙の場合は、プロファイルを当てるだけで、かなり良好なレベルとなり、それに加えて、ドライバーで色調や明るさコントラストを微調整することで、ほぼ完ぺきな状態まで容易に追い込むことが可能となります。
PX-G5100の場合は用紙指定のICCプロファイルを当てても良い結果は得られず、プロファイルを自作せざるをえなかったことと比較すると段違いです。

純正用紙でない場合は、用紙指定とICCプロファイルの組み合わせをいろいろ試して、良い組み合わせを探すまでは手間がかかりましたが、その後はドライバーで補正を加えることで、適正な状態まで追い込むことが出来るようになりました。

PIXUS PROシリーズでは、ICCプロファイルを当てた後にドライバーで微調整が可能であることは素晴らしいと感じました。
PX-G5100の場合はプロファイルを当てた後はドライバーでの補正は不可能で、僅かな補正もプロファイルを作り替える必要がありました。

印刷品位は、顔料インクの場合は、光沢紙でも紙の表面に微細な粒子を載せてわずかにざらついているという感覚で、斜めに見るとグロスオプティマイザの影響で色が干渉して見える場合がありましたが、染料インクの場合は光沢用紙の表面もつるつるで、銀塩プリントと同等です。


PRO-100では良質なモノクロ写真の印刷が可能です。PX-G5100の場合は、プロファイルで厳密に色合わせしても、明るさにより異なる色被りが生じるという欠陥があり、モノクロ写真の印刷には不向きでした。

次の写真の上はPICTORICO光沢紙にPIXUS PRO-100でグレーチャートを印刷し、下はPX-G5100で印刷したものですが、PX-G5100では明るさにより異なる色被りが生じています。
grayprint1.jpg

 印刷したグレーチャートの元画像です。
graychart.jpg
PICTORICOの場合、白色を強調するために蛍光剤が配合されているようで、紙の色は本来の白より青みがかっています。 このため明るい部分は紙の色の影響を受けてしまいます。

CANONの純正写真用紙の光沢ゴールドへ印刷したものです。 PICTORICOと比べると紙の色はやや黄色みがかって見えますが、PICRORICOより自然な白色です。
graygold2.jpg

グレーチャートの印刷ではCANONの光沢ゴールドの方が忠実な色合いに印刷できますが、カラー写真の場合は、PICTORICOのほうが派手な色合いで、一見きれいに見えてしまいます。

プリンターをチューニングする場合、このグレーチャートを印刷して、色が付かないグレーに印刷できれば、色合いはほぼ適正になります。

グレーチャートの中央と周囲の縁は、明るさレベルが127で、反射率18%のグレーカード比較して、同じ濃さのグレーならば印刷時の明るさは適正となります。

グレーカードは銀一のものを所有していますが、僅かに緑被りしているため、適正なグレーにするためには、グレーカードより、僅かにマゼンタに傾ける必要があります。

使用したグレーチャートはこちらからDL出来ます。
http://komin2.world.coocan.jp/blog/graychart.jpg


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
PIXUS PRO-100 ブログトップ
メッセージを送る