So-net無料ブログ作成

舞い上がる花粉 [記録]

昨日は花粉の飛散がすごかったです。
花粉ならなんとか我慢が出来ます。
でも放射能の飛散には耐えられません。
JS3_3017-t.jpg
D700 + VR24-120mmF4


nice!(11)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

地震後の異様な空 [記録]

昨日、地震が発生したときは某ホームセンターで買い物の最中でした。
地震の直前に店内の照明が切れ、、あまりの揺れに表に飛び出しましたが、店の軒が大揺れして崩れるのではないかと怖い思いをしました。

我が家も今朝まで停電で、昨夜はろうそくの明かりと昔ながらの反射型石油ストーブで暖を取り、携帯ラジオで地震の様子を聞きながら夜を過ごしました。
今朝、TVで地震の惨状をみて改めてその恐ろしさを実感しました。

津波の襲った三陸地方は今までも何回か訪れておりますが、災害に遭われた方に対しては心よりお見舞い申し上げます。

地震で買い物を打ち切り帰ったところこのような異様な空の様子でした。
DSC_5849-t.jpg


DSC_5853-t.jpg
D3100


nice!(4)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

雪の朝 [記録]

昨日アップした写真と同じ場所を今朝8時ごろに撮影しました。
昨日の様子と比較できます。
積雪は10cmで、それほど大雪にはなりませんでしたが、まずまずの雪景色が撮れました。

pic1.jpg







以下は今朝撮った追加写真です。







D700 + VR24-120mm F4


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

大雪の予報 [記録]

今夜から明日にかけて大雪になるとの予報が出ています。
そこで、午後5時に自宅周辺の積雪の様子を写真を撮り、明日の朝、どのようになっているかを比較してみるという暇なことを思いつきました。

最初の写真は2月9日にアップしたトップの写真と同じ場所です。


二階の窓から
pic1.jpg

灯油タンクなどがどのようになるかに注目しています。


これらの写真を撮影した時の積雪はほぼ5cmでした。

D700 + VR24-120mmF4


nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

車窓 豪雨 [記録]

軽井沢からの帰りに、某峠道を走っている際に強烈な豪雨に遭いました。
いつもの例で、車で出かけた際は、前半は私が運転し、後半は家内が運転しますが、今回も帰途は家内が運転でした。
あまりにも激しい雨に、運転を交代しようにも、一瞬でも外に出たらその瞬間に濡れねずみになることは間違いなく、慎重な運転をするように言った後、その豪雨を車の中から写してみました。JS2_6473-t.jpg

続きを読む


タグ:豪雨
nice!(9)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

採石工場 [記録]

地元の採石工場です。
道路際から良く見えます。
pic1.jpg

続きを読む


nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

スカイツリー建設現場 [記録]

都内へ所用があって出かけたついでにスカイツリーの建設現場まで行ってしまいました。
スカイツリーを見たのは今日がはじめてで、離れてみても目立ちますが、真下で見ると迫力が違います。
撮影時の高さは398mとのこと。
D700に18-35mmレンズをつけてなんとか真下でも入りきりました。

pic1.jpg

続きを読む


nice!(23)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

新緑定点撮影 [記録]

既に山野の緑は新緑を過ぎて夏の緑に変わってしまいました。
相模湖周辺で5月5日に撮影した新緑と同じ場所を撮影して、緑に色の変化を比較してみました。

6月26日撮影
pic1.jpg

同じ場所を5月5日に撮影した写真は


nice!(14)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

あきる野IC [記録]

圏央道のあきる野インターチェンジは下から見ると芸術的とも言うべき建築造形だと思います。
DSC05383-t.jpg


DSC05384-t.jpg


DSC05389-t.jpg
Sony DSC-TX7
nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

三増峠 [記録]

2月8日のトレッキングの目的地は三増峠でした。
旧津久井町と愛川町との境界にある標高316mの低い峠ですが、実はここは古戦場で、1569年に武田信玄と北条氏照とが戦った三増峠の戦で、武田信玄が勝ったそうです。
現在は樹木が茂り、とても戦場跡には見えません。 調べてみると戦国時代の最大の山岳戦だったようです。

三増峠へは明日原と呼ばれる集落の先から林道に入るのですが、明日原まで、自宅から急いで歩いても40分ぐらいかかるでしょうか。 林道は完全に柵がされて、手ぶらでも入り込むのに苦労するような状態ですが、自動車やモトクロスバイクが走った跡があります。
林道に入って早々に、日陰の部分には雪が残っていました。
JS2_0467-t.jpg

林道の入口から峠までは、直線距離では1kmあるかないかぐらいですが、林道は幾重にも曲がりくねって、歩く距離は3~4kmほどはあるはずです。

途中で見かけた林野庁の標識です。
JS2_0469-t.jpg

途中から見晴らしの良いところに出ます。
右の方には津久井から三増峠の下のトンネルを通って愛川へ向かう道路です、私は津久井に越してきた当時はこの道は有りませんでした。
正面の山は城山で城山の先に津久井湖があります。
私の家は城山の左側の方です。
JS2_0471-t.jpg

林道の雪も登るにつれて多くなり、もっとも深いところでは15~20cmぐらいあったでしょうか。
JS2_0474-t.jpg

林道の入り口から約1時間かかって峠に着きました。
JS2_0483-t.jpg

私が津久井に越した当時はこの峠付近は山菜が豊富で、毎年のように取りに来ましたが、妙に有名になり、山菜も取り尽されてしまい、来なくなってしまいました。
ということで、この峠は十数年ぶりでしょうか。

峠に着いたのは午後3時ごろで、急激に気温が低くなり、また雪の上に大きな獣の足跡などを見つけて危険を感じてきました。 なにしろこの近辺にはイノシシや鹿や猿が生息しており、数年前ですが熊も出たとの話も聞いており、帰りはジョギングで、林道入口まで20分で駆け降りてきました。
写真は林道の入口付近です。
JS2_0496-t.jpg

一般道へ出てからまたまた今まで通ったこと無いわき道にそれて、徘徊してしまい、珍しい写真も撮ることが出来ましたが、それは明日ご紹介したいと思います。

D700+Tamron28-75mm F2.8


nice!(23)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
メッセージを送る