So-net無料ブログ作成

高層ビル街の空

汐留の高層ビル街から空を見上げて撮影。

DSC07593m.jpg


DSC07594m.jpg
RX100 撮影日2017年5月28日

nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

黄昏のエアーズロック

2010年12月に出かけた際の撮影です。
エアーズロックには三日間滞在し、その間、レンタカーを借りて走り回ったので、一般的なパックツアーでは訪れないような場所をいろいろ回ることが出来、写真も大量に撮影しました。

この写真は壁紙ページに載せる予定です。
JS3_0680m.jpg
D700

HDサイズの画像はこちらからDL出来ます。
http://komin2.world.coocan.jp/wallpaper2/ayersrock1.jpg

又この画像を含む夕暮れの様子を1時間にわたって撮影した写真のスライドショーはこちらでご覧いただけます。
https://youtu.be/V9KqLOZKmrw



nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

雨の日の花

二週間ぶりの雨です。
家庭菜園の畑も乾ききっていたため、恵みの雨となりました。

雨の日は撮影日和でもあり、傘をさして、自宅の庭や畑周辺の花を撮ってきました。

DSCF5155m.jpg


DSCF5157m.jpg


DSCF5160m.jpg


DSCF5163m.jpg


DSCF5164m.jpg


DSCF5166m.jpg
X-E1+5-200mm

nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

HDサイズ壁紙ページを準備中


このブログを始める以前よりホームページを作っていましたが、2013年に更新した以降、まったく更新していません。
ホームページの1ページを作る手間は、ブログより極端に手間がかかり、場合によっては数日かかてしまうことが更新を中断した理由ですが。(外部には一切リンク無しの内輪のアルバムページは時々作っています)

ホームページでは壁紙のページも作っていますが、以前の画素数の少ないモニター用で、現在主流となっているHDサイズの画像はありません。
また、改めた見ると拙い画像もすくなからずです。

そこで、HDサイズ(1920x1080画素)に特化した壁紙のページを新たに作るべく準備をはじました。

壁紙の画像は、長期間見ていても飽きない、いわばカレンダーの絵のようなものです。
大量のアーカイブ写真がありますが、壁紙に使える画像はごくわずか。
それらの中から画像を選び出し、HDサイズに編集するだけでなく、自分のPCモニターでスライドショーの壁紙として試用して、壁紙として不満なく使えるか否かを見定めています。

現在20点余の画像の準備できましたが、30点ぐらい準備できてから壁紙ページを作成し、リリースしたいと考えてます。

準備出来た画像の1点を紹介します。


ヨーロッパアルプスのモンブラン D200 撮影日 2006年10月7日

こちらからHDサイズの画像をDL出来ます。
http://komin2.world.coocan.jp/wallpaper2/montblanc1.jpg


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

恵林寺で出会った武将隊

乙女高原の帰途、恵林寺の境内わきにあるだんご屋へ寄り道。
きび、よもぎ、もろこしの3種類のだんごしかありませんが、甘さ控えめの絶品です。

恵林寺境内へも寄ったところ、武将姿の方がいて写真を撮らせていただきました。
風林火山甲陽戦国隊というグループで、地元のイベント等に出陣しているとのこと。

KSF_8419m.jpg
D800


nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

新緑が始まった乙女高原

乙女高原は標高1700mほどの山梨県側の秩父山塊にあり、20年ほど前にたまたま見つけてから、たびたび訪れています。

下界は真夏のような暑さでしたが、長袖のシャツが必要なほどの涼しさで、新緑も始まったばかりでした。

KSF_8394m.jpg


KSF_8386m.jpg


KSF_8402m.jpg


DSCF5134m.jpg
D800/XE-1 撮影日 2017年5月21日


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

カラマツの新緑

5月なのに夏日になるとの天気予報で急きょ涼みに出かけた先は乙女高原。
毎年数回訪れていますが、今年は最初です。

標高1700mの乙女高原はまだ新緑が始まったばかり。

日向にいると、強い太陽光のため暑さを感じますが、日陰に入ると半そでのTシャツでは寒いぐらいでした。

焼山峠から乙女高原に向かうとカラマツの新緑がまぶしいぐらいの美しさでした。

DSCF5115m.jpg
X-E1 撮影日2017年5月21日

当初、テーマを「杉の新緑」としたのですが、一太郎様から、杉でなくカラマツの新緑であると間違いをご指摘いただき訂正しました。

nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

パン食い競争

全くのプライベートな話題です。

本日は小学2年の孫娘の運動会に呼ばれました。

PTA参加のパン食い競争へ、おだてられてパパとジジが出場する羽目になりました。
100名近くの参加者を見ると、ご両親か、中高生らしき兄弟姉妹がほとんどで、シニア年代は私ぐらいだったでしょうか。

走る距離は40mぐらい。
パパはスポーツマン。私も日ごろジョギングで走っているので、走りなら若いパパやママには負けないつもり。
結果はパパ、ジジとも一位。 孫娘も徒競争で一位でした。


パパとジジが走る様子をババがスマホで撮影した写真です。

パパ(黒シャツ)はぶっちぎりの一位
IMG_1425m.jpg

ジジ(白い帽子)の組には若いパパさんもいましたが、勝ちました。
IMG_1421m.jpgiphone 写真は傾きを修整しトリミングしています。

パンが吊るされているゴール直前でブレーキをかけなけれなならないので、パパ、ジジと後ろに反った姿勢になっています。


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

八千穂高原

最近撮影した写真は人物等、ブログには載せられないものばかり。
そこで昨年5月に撮った八ヶ岳山麓の八千穂高原の写真です。

DSC_2612m.jpg


DSC_2654m.jpg


KSF_2831m.jpg
D800/D5300 撮影日 2016年5月29日



nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

PCバックアップ

数日前より世界的なサーバー攻撃により、PC上のデータが暗号化される被害について話題になっています。
このよう事態に対してもっとも有効な対応策は、データをネット外にバックアップすることだと、専門家の方がアドバイスしていました。

私へも毎日数十通の広告やスパムメールが舞い込み、ウイルスを感染させようとしているのではないかと思われるメールも頻繁に届きます。
このため、メールソフトにフィルターを掛けて不要メールを選別するとともに、見知らぬ発信元からのメールは閲覧しないで即削除しています。

今まで、PCがウイルスに感染したことはありませんが、HDDがクラッシュしてデータが消えてしまったり、PCが立ち上げ不能となったことは何回も経験しています。
このため、PCデータのバックアップについてはかなり気を使っています。

もっとスマートな方法はあると思いますが、私が実践しているバックアップを紹介します。

1、データは外付けHDDに二重以上に記録する。

2、予備のPCを持つ。
  現在Win7のデスクトップPCを2台、WIN10のノートPCを1台保有。
  デスクトップPCの一台は4月にVISTAからWIN7にバージョンアップしました。

3、PC内蔵のOS用HDDは専用ソフトで数カ月おきに予備のHDDに丸ごとバックアップし、万一現用のHDDがクラッシュしたり、ウイルス感染等に使用不能になっても、予備のHDDに交換すれば使用可能となります。
また、立ち上げ不能となったHDDもスレーブにするとデータを読み取ることが可能となる場合が多いです。

現用のデスクトップPCも丸ごとコピーしたHDDでWin7からWin10へバージョンアップしたのですが、動きがえらく鈍くなったため、Win7のHDDに戻しました。
Win10にしたHDDはそのまま保管しており、いざとなれば即Win10にすることが出来ます。

4、写真データについては、まずはPC内のHDDに記録してRAW現像が完了した後、撮影した元データとRAW現像後のデータを年度/月/日付イベント名別のフォルダーに分類し、外付けのHDDにコピーします。
外付けHDDにコピーが完了するまでは、カメラ用のメモリーカード内のデータは消去しないで保存しています。

PC内蔵HDDへの記録はRAW現像等の作業用で、およそ1年分の写真データを保管しており、空き領域が少なくなると、古いものから消去しますが、消去前に、先に記録した外付けのHDDとは別のHDDに記録することで、二重に記録するようにしています。

外付けHDDは4連のHDDケースに収納しており、必要なときのみ電源を入れます。
HDDは年々大容量となっており、外付けHDDの空き領域が少なくなった場合は、より大容量のHDDに入れ替えます。その際、必要データを新HDDに再コピーしているため、4連HDDケースの電源を入れれば、数十年分の各種資料、写真等、すべてのデータがアクセス可能となります。

現在4連ケース内のHDDは、4テラが1台、3テラが2台、2テラが1台の構成で、そろそろ2テラを4テラ以上のHDDに入れ替える予定ですが、取り外される2テラHDDは必要なデータを新HDDにコピーした後、そのまま保管してバックアップとなります。

5、紙文書のPDF化保管
各種証書、文書、資料、郵便物は、一部の重要なもの以外は、保管するか否か迷うようなものが大部分ですが、そのような文書等はスキャナーでコピーしてPDFファイルにし、内容、年月毎のフォルダーに分類して電子データとして保管し、証書等原紙が必要なもの以外は焼却処分しています。

文書のPDF化保管は10年ほど前から始め、既に数千ファイルにもなりましたが、8G以内に収まっています。
これらの資料も二重三重にバックアップしており、USBメモリーにも記録し、非常持ち出し品としています。
これらのPDFも後日必要となるものはごく一部ですが、記録が残っているという安心感があり、いざという時には非常に役にたちます。

PDFのメリットとしては万国共通のデファクトスタンダード形式であること、数ページにわたる資料も1つのファイルにすることが出来ること、プリンターで元のサイズに印刷出来ることでしょうか。



今回のテーマとは無関係ですが、2016年6月に秋田県小坂町で撮影した写真です。

小坂鉱山事務所
KSF_2926m.jpg

康楽館
KSF_2968m.jpg
D800 PLフィルター使用 撮影日 2016年6月5日

nice!(12)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
メッセージを送る