So-net無料ブログ作成

オホーツクライン

オホーツクラインは稚内から日本最北端である宗谷岬を経由して網走に至る国道238号線で、総延長は300kmを超す長大ルートです。

今まで、一部区間を含めて5回ほど走行したことがあります。
数十年前に初めて走った際は、一部未舗装で、侘しい寂れた田舎道という印象でしたが、一昨年、湧別から網走まで走った際は、そのような印象はありませんでした。

数十年ぶりの完全走破ですが、道路もきれい整備されて走りやすくなっており、街中以外は信号もなく、様変わりしていました。

走っている車はほとんどは、法定速度+アルファーで、地元の方は、信号やトイレ休憩を含めてもコースタイムは60km/Hで計算すれば余裕で着けると話されていました。

我々は、撮影等のためにかなり頻繁に停止したり寄り道もしましたが、食事や見学等のための大休止の時間を除くと、50km/Hほどのコースタイムになっていました。

本来は、2007年に撮影した情景のような被写体に出会うことを期待したのですが、順調に進みすぎたためか見つけることができませんでした。

宗谷岬で記念撮影
KSF_0018m.jpg

某道の駅から見えた漁港
DSC08196m.jpg

クッチャロ湖
かなり以前にここでキャンプしたことがあります。
当時は自然豊かな雰囲気のキャンプ場でしたが、公園としてきれいに整備されていました。
北海道では、毎日のようにソフトクリームを食べては味比べしていましたが、ここの駐車場わきにある小さな売店のソフトクリームが最高の味でした。
KSF_0025m.jpg

千畳岩
KSF_0031m.jpg

某道の駅に併設された公園 サロマ湖が見えます。
KSF_0035m.jpg

以下、サロマ湖畔のキムアネップ岬キャンプ場で撮影。
2007年にここでもキャンプしましたが、最高の夕焼けと日の出を見ることができました。
KSF_0048m.jpg


KSF_0049m.jpg


KSF_0058m.jpg
D800

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る