So-net無料ブログ作成
検索選択

古文書

建て直した地元の自治会館へ退避保管していた備品等の搬入を行いましたが、その際に年代物の木箱に納められた和紙の古い文書を見つけました。
B5サイズぐらいで、15センチほどの厚さがあったでしょうか。
その中で表紙に明治34年規約書と書かれた綴りを取り出して、数ページを撮影してみました。

引っ越しの忙しい最中で、書いてある内容を確認することなく撮影した文書ですが、改めて内容を確認すると、当時の隣組のような組織の規約書のようです。

明治34年(1901年)と言えば116年前で、現在でも郊外の山郷の雰囲気を残した場所であり、当時はかなり辺鄙な山村だったはず。

規約書の一部だけですが、その当時の村の暮らしぶりが伝わってくるような内容です。

   DSC06887m.jpg


DSC06886m.jpg


DSC06884m.jpg
RX100

残されていた文書は一箱分もの量があり、郷土史研究家にとっては貴重な資料になるかもしれません。


nice!(13)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 13

コメント 2

タカタカ

ご無沙汰をしています、
文字がしっかりしてるのは
紙の質がいいのと保存がいいのかもですね?
多分手持ちでしょうがとてもきれいですね~
昨年より体調が悪く今は喘息で困っています(^_^)
ボケ防止にとスマホのSNSに
凝っています、奥様にくれぐれも宜しく。
by タカタカ (2017-01-29 10:18) 

コーミン

タカタカさんへ
今回、このような写真が撮れたのは、記録用にコンデジのRX100を持っていたからでした。
この文書も変色したり折れ曲がったりはしていましたが、しっかりした状態でした。
もし、西洋紙だったらぼろぼろになっていたと思います。

体長がすぐれないとのこと、ご自愛ください。
by コーミン (2017-01-29 20:29) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る