So-net無料ブログ作成
検索選択

被写界深度合成 [画像処理]

写友の一人が、自動的にフォーカス位置を変えて連写した画像を自動合成して、従来のカメラでは撮影不可能だった近距離から遠距離までピントの合った写真が撮れるようになったとのこと。

そのようなカメラは持っていませんが、画像処理で同じようなことをやってみました。

60mmマクロレンズで小さな人形等を前後に並べてピントを変えながら7枚撮影。

その中から最近、中間、最遠の3ショットです。

KSF_3629m.jpg


KSF_3631m.jpg


KSF_3634m.jpg

合成した写真です。
KSF_3634ps3m.jpg
D800

最初はてこずりましたがフォトショップを利用してマクロのパンフォーカス写真を合成することが出来ました。

手順です。
1.フォーカス位置を変えながら撮影した画像をレイヤーで重ねる。

2.レイヤーをすべて選択して青色にする

3.編集⇒レイヤーを自動整列を選択

4.投影法は自動選択を指定してOKをクリック

5.自動整列が完了したら編集に戻って自動合成を選択

6.合成方法は「画像をスタック」を指定し「シームレスなトーンとカラー」にチェックマークを入れてOKをクリック

これで完了です。

私の場合、最初はTamron 90mmマクロレンズを使用したのですが、フォーカスを変えると画角が変わるためか、合成画像の一部に不連続な部分が生じたため、フォーカスを変えても画角が変わらない60mmマクロに変えて撮影した画像を再度合成した結果、満足のいく結果が得られました。


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る