So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

アクションカメラで撮ったスキー滑走動画

正月明けに乗鞍高原へスキーに行った際は、昨年買ったソニーのアクションカメラHDR-AS300をヘルメットの上部に取り付け、滑りながら動画を撮影しました。

昨シーズンは、カメラを手持ちで滑りながら撮影したり、カメラを胸に括りつけたりして撮影しましたが、手持ちだと、ブラインド撮影になるため、カメラの向きが定まらず、胸に括りつけると、前傾姿勢のため、雪面ばかり写ってしまうなどで、まともに写すことができませんでした。

カメラはヘルメットの上部に張り付けタイプのアダプターにより取り付けましたが、滑る際は前傾姿勢となるため、やや上向きにセットする必要があり、取り付け位置を何回か修正しています。

撮影条件は解像度はフルHD(1920x1080)30P、WBオート、カラー設定はニュートラル、画角はワイド、露出補正0としました。
失敗したのは風切音低減をオフにしたことでした。

撮影は、乗鞍スキーリゾートの最上部にあるカモシカリフトを降りてから、夢の平クワッドリフトの乗り場まで一気に滑っています。

スキーの腕前は中級程度。
リタイアしたシニアの身、転倒して怪我することがないよう、上級者向けの難しいコースは迂回しています。

 

アップした動画とは違う動画から切り出した静止画ですが、カモシカコース途中の様子です。
MAH01072(3)m.jpg
左下に写っているシルエットの頭上に、こぶのように出っ張っているのがカメラです。
また、カメラや飲み物、菓子類、タオル等を入れたザックを背負っています。

カメラの設定での補足説明です。
HDR-AS300のレンズは、推測値ですがフルサイズ一眼の18mm相当の固定焦点パンフォーカスレンズで、そのままの画角はワイド、24mm相当にクロップしたミディアム、35mm相当にクロップしたナローに切り替えることが出来ます。
ナローだと、歪曲は補正されるのですが、解像感が劣った画像となってしまうので、画質優先だと、ミディアムかワイドとなりますが、歪曲が目立ちます。

カラーはビビッドとニュートラルに切り替えられますが、ビビットは色はきれいですが、コントラストを上げているためダイナミックレンジが狭まり、白飛びが頻発します。
ニュートラルだと、彩度は低くなりますが、ダイナミックレンジの広く、白飛びしにくくなります。
色が薄くて不満な場合は、撮影後、動画編集ソフトで、彩度を上げることが出来ますが、ノイズが増えることと、処理時間が長くなってしまいます。

ヘルメットにカメラを取り付けると、顔を向けた風景が写ることになりますが、撮影した動画を見ると、顔の向きと視線とは必ずしも一致していないことが分かりました。

揺れが少なくて見やすい動画を撮影するには、顔を前方の一点に向け、ターンしている最中も、頭の動きを最小になるよう気を使い事が必要でしょうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

カレンダー候補写真

数年前より地元の某写真の会に入会しました。

その会では印刷会社の会員のご厚意で、会員が地元で撮影した写真を掲載した4月から3月までのカレンダーを制作しています。
A3判1枚に年度分のカレンダーと写真10枚を配置したものを2種類制作し、数千部印刷して、無料で配布しています。

平成29年度のカレンダーについては、近々に掲載する写真の選考会があり、候補作を一人4点準備することになりました。

ということで、50点ほどの候補から9点まで絞りこんだのですが、まだ最終的に絞り切れていません。

DSC_1498m.jpg


DSC06544cm.jpg


DSCF3939m.jpg


KSF_2284m.jpg


KSF_2286m.jpg


KSF_6598cm.jpg


KSF_6612cm.jpg


KSF_6617cm.jpg


KSF_6794m.jpg

写真は旧津久井郡で撮影したもの限定され、4月から翌年3月までの年度で構成されたカレンダーであるため、使いやすいと地元では好評のようです。


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

成年後見人

5年ほど前から父の成年後見人になっており、家庭裁判所へ提出する昨年分の後見事務報告書の作成を開始しました。

父は現在特別養護老人ホームへ入所しており、成年後見人として、入所施設への費用の支払いや、季節ごとの衣類の準備、年金、社会保険、医療費等の授受管理や、留守宅になっている実家の手入れや諸雑費の支払い等が主な内容です。

施設入所前は、週に数回通いながらの介護が必要で、当時と比べると楽になりましたが、唯一、この事務報告書の作成が厄介な作業となります。

昨年から、事務報告書の記載内容が改定され、若干楽にはなりましたが、気は抜けません。
帳簿の整備、使ったお金の確証や預貯金口座の通帳の写しなどの準備など、適正に財産を管理していることを証明することが必要です。

様式を整えた文書や数表等の作成は、現役時代の経験が役に立っていますが、不慣れな方には大変な作業のはずです。、



写真は、乗鞍スキー場最上部のカモシカゲレンデの中央部付近から見下げた様子です。

写真の中央部左上が三本滝レストハウスで、無雪期はここまでマイカーで乗り入れることが出来、そこから見上げると、崖のように感じる急斜面で、30度ぐらいあるでしょうか。
この日は滑りやすい状況でしたが、雪質が悪かったり、斜面が荒れると手ごわいコースです。

DSC06802m.jpg
RX100 撮影日2017年1月10日

昨年2月の撮影ですが三本滝レストハウス前より撮影したカモシカゲレンデ
DSC05612m.jpg


nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

乗鞍岳の朝

2017年1月10日続きです。

1月10日にアップした画像はJPEGで撮影しままの画像ですが、帰宅後RAWを現像した画像です。

2017年1月10日 AM7:01
DSC_5397m.jpg

AM7:07
DSC_5416m.jpg

AM7:09
DSC_5418m.jpg

AM7:32
DSC_5442m.jpg

AM8:18
DSC_5445m.jpg
以上宿(休暇村乗鞍高原)の窓から撮影

AM8:52 ゲレンデより撮影した2枚の画像をパノラマ合成
DSC_5447ppanoramam.jpg
D5300+55-200mm


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

今朝の乗鞍

見事な朝焼けでした。

DSC_5401s.jpg
D5300 撮影日 2017年1月10日 AM7:01


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

志賀高原雪景色

2003年2月にスキーをしながらD100で撮影した志賀高原の雪景色です。
新雪直後の最高の状態で撮影できた雪景色です。

当時はメモリーカードの容量が小さかったため、写真データの容量を減らすため、一部はRAWで、大部分はJPEGで撮影していました。
今回の写真はJPEGで撮影した画像も含めて再処理しています。

DSC_4646m.jpg


DSC_4651m.jpg


DSC_4675m.jpg


DSC_4682m.jpg


DSC_4684m.jpg


DSC_4687m.jpg


DSC_4730cm.jpg


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

逆光富士山

2017年元旦、本栖湖畔で撮影。

KSF_6931m.jpg
D800
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

プリンター比較

現在保有する写真印刷用のプリンターはA3のびサイズまで印刷できるC社の8色の染料インク使用のPRO-100です。
それ以前はE社の8色顔料インク使用のA3プリンターを使用していましたが、頻発するインクの目詰まりの度に行うヘッドクリーニングにより無駄に消費されるインク費用が無視できないほど高額になったことと、インクを交換すると印刷の色調が変わることに耐えられず、目詰まりが少ないとされる染料インク使用のプリンターに買え替えた経緯があります。

PRO-100を使い出してから2年余経過しましたが、インクの目詰まりは皆無で、インク交換による色調の変化もありません。
但し、モノクロの文書を印刷しても、カラーインクを少なからず消費し、染料インクであるため普通紙に印刷した文書は濡れると滲んでしまいます。(写真専用紙に染料インクで印刷しても滲みません)

そこで、昨年の暮れに、文書印刷用として、B社のDCP-J968Nプリンターを購入。
A4サイズまでで、黒は顔料、カラーは染料の4色ハイブリッドインクを使用し、PRO-100で年間に使用するインク代で十分にお釣りがくる価格で買うことが出来ました。

機種選定の条件は4色独立のハイブリットインクで、出来るだけ安価であることで、写真の印刷性能については対象外としました。

文書印刷は早くてきれいでインクの減りも少ないようで、まだインク交換はしていませんが、今後、インクを交換するにしても4色なので、安くなるはず。

複合機としてスキャナーも付属していますが、保有する専用スキャン―と比較すると機能が劣り、写真のスキャンでは不満を感じますが、文書のコピー用としては使えます。

文書印刷用として買ったプリンターですが、写真を印刷して見た結果、予想外にきれいに印刷出来ました。

ということで、評価用の画像を印刷して較べてみました。

評価印刷に先立ち、どちらのプリンターもベストの状態にドライバーをチューニングしていますが、プリントした画像をスキャンした画像は、切り取りや縮小以外の加工は加えていません。

まずは自作のグレーチャート

元画像
階段チャート元m.jpg

C社の純正写真用紙に印刷したプリントを同時にスキャンして合成
上がC社 PRO-100 下がDPC-J968N
グレー比較m.jpg
明らかにPRO-100のほうが元画像に近似してプリントされ、DCP-J968Nは全体に青みがかり、やや明るめに印刷されています。


評価用テスト画像
元画像
Test Image_sRGBm.jpg


印刷画像
        左がDCP-J968N                   右がPRO-100 
Test Image合成m.jpg
PRO-100の印刷画像は色調階調とも元画像に近似していますが、DCP-J968Nの印刷画像も単独で見るときれいに見えます。

画像右の原色カラーバーの部分は両者とも元画像とは違った色に印刷され、PCP-J968Nのほうが色濃く印刷されています。


DCP-J968Nの添付CDにあった印刷サンプル画像
元画像
samplem.jpg

印刷画像 上がPRO-100 下がDCP-J968N
花合成m.jpg
DCP-J968Nで印刷した画像のほうが鮮やかな色合いで印刷されています。


今回の印刷画像比較では、グレーチャートは明らかに印刷品位に差が見られ、モノクロ写真ではPRO-100のほうがきれいに印刷出来るはずですが、カラー写真の印刷の場合は並べて比較しなければ、どちらのプリンター印刷しても、それなりにきれいに見えます。

意外だったのは、鮮やかな色合いの写真の場合は、安物プリンターであるDCP-J968Nのほうが見栄えする写真が印刷出来たことでした。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

山中湖の白鳥

山中湖畔で赤富士を撮影した際に見かけた白鳥です。

夜明け前に三脚に据えたD800で撮影。
SS1秒のため、被写体ぶれしています。
KSF_6815m.jpg

X-E1で手持ち撮影
DSCF4149m.jpg

X-E1
DSCF4162m.jpg

赤富士と白鳥 D800
KSF_6875m.jpg

X-E1
DSCF4198m.jpg

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

赤富士

元旦の山中湖畔での赤富士撮影はD800に標準ズームの組み合わせで三脚に据えて1~2分おきに機械的にシャッターを押し、X-E1に望遠ズームを付けて、手持ち撮影という、セオリーとは逆の組み合わせで撮影を進めました。

結果として、D800で撮影した方が画質的には上でしたが、X-E1のほうが面白みのある写真が撮れました。

今回はX-E1で手持ち撮影した時系列的な赤富士です。

2016/1/1 06:30 夜明け前 ISO800 SS1/10
DSCF4146m.jpg

06:45 山頂部分がわずかに赤くなり始めました。
DSCF4171m.jpg

06:52
DSCF4173m.jpg

06:53
DSCF4175m.jpg

07:54
DSCF4177m.jpg

07:54
DSCF4181m.jpg
  
07:55
DSCF4183m.jpg

06:55   赤みが最高になりました。
DSCF4184m.jpg

07:57
DSCF4193m.jpg

07:02 黄色味が増してきました
DSCF4208m.jpg


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
前の10件 | -
メッセージを送る